全日本マカロン協会とは


全日本マカロン協会は、フランスを代表する洋菓子であるマカロン(macaron)の日本での普及活動を行うこと、また、この普及活動を通じて、日仏間の文化・経済交流促進の一助となることを目的として設立されました。

<活動内容>
①全日本マカロンコンクール
当協会は、アマチュアの皆様にマカロンを作る楽しさを実感し、創造性を発揮して頂く場として、昨年度より全日本マカロンコンクールを開催しております。
本コンクールでは、日仏の著名シェフが審査委員を務め、参加者の皆様に、自らの作品がプロフェッショナルに評価される機会をご提供しております。

②アマチュア マカロン コンクール世界大会
当協会が「アマチュア マカロン コンクール世界大会」(Concours Macaron Amateur International)の一員であることから、本コンクールの優勝者には、世界大会の本選への出場資格が与えられ、フランス、イタリア、ベルギー、カナダの各地域で選抜されたファイナリスト達と腕を競って頂きます。

③マカロンの日
当協会では、毎年10月9日を「マカロンの日」として、主旨にご賛同いただくシェフによる新作マカロンの発表会など、各種イベントを開催し、マカロンの宣伝、普及を行っております。

今後の当協会の活動にご期待頂くとともに、引き続きのご指導ご鞭撻をお願い申し上げます。

全日本マカロン協会
理事長 小林眞澄