全日本マカロン協会













全日本マカロンコンクールとは


2010年にフランス西部ナント市のパティシエ ヴァンソン・ゲルレ氏が、アマチュアを対象としたマカロンコンクールを創設しました。初年度はナント市1か所での開催であったものが、年々ゲルレ氏の主旨に賛同するパティシエがコンクールに加わり、現在では、フランス国内11か所に加えて、日本、イタリア、ベルギー、カナダでも開催される国際大会へと発展してきました。 全日本マカロン協会が主催する全日本マカロンコンクールは、優勝者が国際大会の最終選考会に日本代表として出場できるオフィシャル・コンクールとして認定され、フランスのコンクール事務局の全面的な協力を受けて開催されています。

私たちの活動


全日本マカロン協会とは

全日本マカロン協会は、フランスを代表する洋菓子であるマカロン(macaron)の日本での普及活動を行うこと、また、この普及活動を通じて、日仏間の文化・経済交流促進の一助となることを目的として設立されました。

More

 

マカロンの日について

「マカロンを通じて多くの人々が、国境を人種を宗教を越えて、愛情を伝え、平和を希求する」。これは将にジョン・レノンが愛と平和のメッセージとして遺したイマジンのイメージそのものであると考え、彼の誕生日である10月9日を「マカロンの日」と制定致しました。そして、この「マカロンの日」を象徴するスローガンとして、 「心の数だけ愛が有る。
愛の数だけ平和への祈りが有る。
10月9日、マカロンに愛を込めて。」を掲げさせて頂きます。

新作マカロン


Ryoura 菅又亮輔 作


UN GRAIN 金井史章 作


PASTRY 江森宏之 作


Ma Priere 猿舘英明 作


Avranches Guesnay 上霜考二 作


Patisserie Yu Sasage 捧雄介 作


VOISIN 廣瀬達哉 作


Patisserie Masion Douce 伊藤文明 作


Shinfula 中野慎太郎 作

マカロンコンクール世界大会の主催者

・Vincent Guerlais
(Nante)
・Roland ZANIN
(Saint-Gervais)
・Alain CHARTIER
(Vannes)
・Pascal LAC
(Nice)
・Sebastien BOUILLET
(Lyon)
・Denis MATYASY
(Hyeres)
・Francois GRANGER
(Bergerac)
・Patrick CHEVALLOT
(Val d'Isere)
・Lionel RAUX
(Bayonne)
・Arnaud LARHER
(Paris)
・Franck FRESSON
(Metz)
・Eric ESCOBAR
(Montelimar)
・Masumi KOBAYASHI
(Tokyo,Japon)
・HANGAR78
(Venise,Italy)
・Marc DUCOBE
(Waterloo,Bruxelles)
・Christophe MOREL
(Montreal,CANADA)

Facebook & Twitter


Instagram





お問い合わせ


全日本マカロン協会

info@macaron-association.jp